フィリピンでの交通手段

フィリピン

フィリピンでの主な交通手段はGRABタクシー空港タクシー(黄色)
バイクタクシージプニーなどがあります。

普通のタクシー(白)

普通のタクシー(白)初乗り料金は40ペソ(約80円)どこでも
走っているので乗りたいときにすぐ乗れる。

行き先が遠い場所だとプラスで払えと言われる場合があります。

メリット

  • 初乗り料金が安い
  • どこでも走っているのですぐ捕まえられる

デメリット

  • ぼったくられる可能性がある(メーターを使ってもらえば大丈夫
  • 車内が汚い場合がある
  • 忙しい時間だとメーターを使わず交渉の場合がある

個人的に感じたのは
綺麗なタクシーの運転手は良心的な感じがしました 笑

あくまで個人的です 笑

空港タクシー(黄色)

空港タクシー(黄色)セブ空港のタクシー乗り場

空港タクシー(黄色)は空港行き、若しくは空港からのみ乗車可能で普通のタクシーよりも
初乗り料金が高い70ペソ(約140円)

メリット

  • 安全

デメリット

  • 初乗り料金が高い
  • 空港行き若しくは空港からのみ乗車可能

ジプニー

ジプニー(jeepney)と呼ばれる日本で言うバス
基本料金は8ペソ~12ペソ(約20円)激安!(゚∀゚)笑
時間通りに来たり来なかったり

メリット

  • タクシーなどに比べ激安
  • 友達同士など大勢で乗れる

デメリット

  • いつ来るか分からない(一応スケジュールはある)
  • 目的地まで少し時間がかかる
  • 混んでる時間帯だとぎゅうぎゅうで息苦しい

乗車&降車方法&注意点

乗車方法
Google mapで行き先を検索し表示されている乗車番号が来たら手を上げる。
※上の写真の青丸のところに番号が書いてあります(前後左右に表記されてます)

降車方法
自分が降りたいところに来たら「here」と言うか、ジプニー内に手すりがあるので
そこにコインを当てると止まってくれます。

注意点
降りる際にお支払いをする
※なるべく丁度の金額を渡す(大きいお金だとおつりがない場合がある)

バイクタクシー

バイクタクシーどこに行っても走っているので捕まえやすい
交渉次第でめっちゃ高くなったり安くなったりする

メリット

  • 渋滞が回避できる
  • 交渉次第で安くなる
  • 少人数での移動に向いている

デメリット

  • 大勢での移動に向いていない
  • 雨が降ると濡れる

Grabタクシー(アプリケーション)

Grabタクシーは日本で言うUberタクシーと一緒
フィリピンではGrabタクシーが主流となっている。
他にもフードデリバリーが可能

Grabアプリは
スマートフォンを使い「現在地」と「行き先」を入力し近くのドライバーが
迎えに来てくれる。

メリット

  • 安心
  • タクシーより安い場合がある
  • クレジットカードでの支払いも可能(事前に登録必要
  • 行き先を説明しなくてすむ
  • 料金が事前に分かる
  • 渋滞しても料金は一定

デメリット

  • 場所によっては見つけるのが大変
  • タクシーより高い場合もある
  • 田舎の方に行くと対応していない(セブ市内は大丈夫)
  • 電話番号での登録が必要
    ※登録する場合
     事前に日本で登録するか
     現地で番号 取得後 登録する

まとめ

白タクシー(基本は4人乗り)

複数で乗るときにオススメ!

空港タクシー(4人乗り)

来たばっかりで不安な方や白タクシーが不安な方向け!

ジプニー

節約したい方向け!
とにかく安い!!

バイクタクシー(基本は2人乗り)

少数で移動するときはタクシーより安く抑えられる

Grabタクシー

ぼったくられることがないのでオススメ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました